お腹に触れる人

妊娠線にはクリームを使おう|自信の持てる肌になる

一度できると消えません

ハートを作る人

体重コントロールから

妊婦さんを悩ませるのが、妊娠線にまつわる問題です。出産して大きくなったお腹は、出産して時間が経てばもとに戻ります。しかしできてしまった妊娠線を消すことは、ほぼ不可能と言われています。だからこそ、妊娠中のまだお腹が大きくなる前の時期から積極的にケアする方も増えています。妊娠線の予防のためにできることと言えば、乾燥を防ぐために保湿クリームを塗るという方法です。これだけでは不安だと思う方には、毎日の食事から、妊娠線を予防する努力をするのがオススメです。妊娠線ができるのは、急激にお腹が大きくなるためです。赤ちゃんが大きくなるためでもありますが、それ以上に妊婦さん自身の体重増加がお腹の大きさにつながることも少なくありません。妊娠期に大切だと言われる「体重コントトール」を成功させることで、妊娠線を防ぐことにもつながります。具体的には、脂肪分の多い食事は避けるようにしましょう。ファストフードや脂肪分たっぷりの洋菓子などは、赤ちゃんのためにも良くありません。なるべく避けた方が無難です。また妊娠線は、皮下組織であるコラーゲンの亀裂が原因だとも言われています。お腹の皮膚も、大切なお肌です。肌ケアに効果的だと言われるコラーゲンを積極的に摂取するのもオススメです。ふかひれやエビなどに豊富だと言われるコラーゲンは、他の食材と合わせてバランスよく摂取してください。保湿ケアと共に実践することで、より効果を実感できるはずです。