お腹に触れる人

妊娠線にはクリームを使おう|自信の持てる肌になる

誰にとっても身近な問題

妊婦さん

発生メカニズムを知ろう

お腹に赤ちゃんがいるときには、赤ちゃんのことが一番だと言います。しかし妊婦さん自身にとっては、自分自身の美容についても無視できません。特に「あとからでは取り返しがつかない失敗」については、しっかりと予防したいものです。妊婦さんのお腹に起こりやすい皮膚トラブルと言えば、「妊娠線」でしょう。妊娠線のトラブルは、誰にとっても他人事ではありません。なぜなら妊娠線は、妊娠により急激に皮膚が伸ばされることで起きるトラブルだからです。妊娠中にはコルチコステロイドというステロイドホルモンが多く分泌され、皮膚の新陳代謝を鈍くしてしまいます。このためにダメージが蓄積されやすい状態になります。妊娠線を作りたくないからといってお腹のふくらみを制限するわけにはいきませんし、ホルモンバランスをなんとかするわけにもいきません。妊婦さんにできることは、その他の努力で「妊娠線ができにくい環境を整える」ということだけなのです。妊娠線を予防するためにもっとも重要なのは、保湿ケアを徹底するということです。特に乾燥が気になる時期にお腹が大きくなる妊婦さんは要注意です。専用のクリームやオイルを用いて、一日に数回塗り込むのがオススメです。ケア用品に含まれる保湿成分が肌を柔らかく伸びやすい状態にしてくれる他、マッサージで血行をよくすることができます。妊娠中は、自分自身の肉体と向き合う時期でもありますから、ぜひケアを怠らないでください。