お腹に触れる人

妊娠線にはクリームを使おう|自信の持てる肌になる

ちがいを知って選ぼう

ウーマン

同じ保湿用クリームですが

妊娠が発覚したら、赤ちゃんの健やかな成長を願うと共に、自身の身体のメンテナンスを開始するのがオススメです。妊娠中は様々なトラブルが起きやすいものです。中でも女性の心にダメージを与えやすいのが、「妊娠線」です。びりびりにひび割れたような状態のお腹を見て、ショックを受ける方は決して少なくありません。妊娠線を予防するためのケアアイテムは、多数販売されています。しかし「わざわざ購入するのも嫌だ」と感じることもあるでしょう。こんなとき、市販のボディクリームでは駄目なのかと、誰もが一度は考えるはずです。専用の妊娠線予防クリームと市販のボディクリームのちがいは、いったいどこにあるのでしょうか。両者ともに、お肌にうるおいを与えるためという目的は同じです。しかしボディクリームが「肌の質を少しでも良い状態にしたい」と願う方向けに開発されているのに対して、妊娠線予防クリームは、「妊婦さんが妊娠線を作らないために使うもの」に特化しています。妊婦さん向けに高保湿成分を配合していたり、香料にまで気を配っていたりと、うれしいポイントも多々あります。ホルモンバランスの変化で肌も敏感になりやすい時期なので、「避けないものが配合されていない」という点もうれしい点です。妊娠線予防クリームは、市販のボディクリームよりも少し高いことも多いものです。しかしそれに勝るメリットがあると言って良いでしょう。適切なケアをするために積極的に活用してみてください。